• ホーム
  • 梨アレルギーはヨーグルトかレグラ服用で治療

梨アレルギーはヨーグルトかレグラ服用で治療

食物アレルギーが、いろんな局面で問題視されています。
特定の食品を食べると、アレルギー反応を起こすというものです。
ソバやピーナッツが有名ですが、実は、梨もアレルギーを感じる人がいるのです。
食べるとおいしい梨ですが、人によっては、舌がぴりぴりしたり、喉がかゆくなったりすることがあるのです。

梨アレルギーは、実は花粉症と深くかかわっています。
原因物質の分子構造が、花粉と梨とで共通しているからだと言われています。
アレルギー反応が出てくるのは、梨などの果物に含まれているたんぱく質が原因だとされています。
血液中のIgE抗体とたんぱく質が反応をして、アレルギー症状を誘い出すのです。

また、農薬を使わずに栽培された果物が、アレルギー反応を呈する原因であるとの考えもあります。
農薬で保護されていない生物が外敵から身を守るために、もし虫などから攻撃を受けたときは、防衛のために特殊なたんぱく質を出して、追い出そうとするのです。
この物質が、実は、人間に対してもアレルギー反応を示す可能性があるのです。
ですから、無農薬のものを食べることで、人間がアレルギー反応に見舞われるリスクが高まるとも言われています。

アレルギー症状の緩和のために、ヨーグルトを食べている人がいます。
これは、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内で働くことで、腸内の環境が改善されて免疫力が高まり、その結果、アレルギー症状が緩和されることに貢献する、というものです。
ただ、症状を抑える上で即効性が期待できるんのは、治療薬のアレグラを服用することです。
花粉症の治療薬として非常に広く知られていますが、じんましんや湿疹、皮膚のかゆみなどの症状を抑制する上でも、多くの実績があります。

関連記事