• ホーム
  • 抗アレルギー薬の、アレグラとザイザルの比較

抗アレルギー薬の、アレグラとザイザルの比較

せきが出る女性

アレグラとザイザルは、どちらも抗アレルギー薬に分類される薬剤です。
アレグラは、成分名がフェキソフェナジン、ザイザルは、成分名がレボセチリジン塩酸塩と呼ばれます。
いずれの薬剤も第二世代のH1受容体拮抗薬で、抗アレルギー薬として、よく使用されている薬剤です。
効能としては、様々なアレルギー疾患、例えば湿疹や痒み、アレルギー性鼻炎などに対して使用されます。

アレグラとザイザルの比較ですが、まず、アレグラは、ザイザルよりも比較的優しい薬剤です。
アレグラの特徴としては、炎症性のサイトカインが産生されるのを抑制する作用があることです。
また、副作用としての、眠気や倦怠感なども、ザイザルと比較すると、少ないと言われています。
また、ザイザル以外の抗アレルギー薬と比較しても、その副作用は、発現しにくいと言われています。
薬剤の飲み方については、年齢や体重によって調節されますが、アレグラは、通常、1日2回服用します。
また、腎機能によっても量が決められている薬剤で、透析の方は、1日1回と決められています。

一方、ザイザルについてですが、この薬剤はアレグラよりも効果が高い薬剤です。
ザイザルの特徴としては、セチリジンという成分の光学異性体であり、好酸球遊走、活性化を抑制する作用を持ちます。
この薬剤の、副作用の眠気、倦怠感などはアレグラと比較すると、発現しやすいと言えますが、他の抗アレルギー薬と比較した時には、その発現のしやすさは中程度であると言えます。
薬剤の服用方法ですが、通常、1日1回とされています。
この薬剤も、年齢や体重に応じて用量を調節するものです。
また、腎機能によっても、薬剤の用量を減量して使用する必要があります。

関連記事