• ホーム
  • 免疫反応の花粉症にはブロッコリーを食べてアレグラを

免疫反応の花粉症にはブロッコリーを食べてアレグラを

健康管理の面から非常に注目を集めている野菜に、ブロッコリーがあります。
実は、ブロッコリーはガンや生活習慣病にも効果が期待されると言われています。
ブロッコリーには、βカロテン、イソチオシアネートが含まれていますので、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ上でも役立つものと見られています。
さらに、花粉症の予防効果まで期待できるといいますので、花粉症に困っている人には見逃せません。

そもそも、花粉症はアレルギー反応の一つなのです。
なぜアレルギーが起こるかといいますと、人間が健康な体をキープしていくために欠かせない免疫作用と、メカニズムは同じなのです。
人間の体は、外部から侵入してくる異物があれば、それを排除しようとする働きを持っています。
外部から入ってきた物質に対抗する物質を作って体を防御しようとする作用なのです。
体内にできた対抗する物質、つまり抗体が一定の量になったときに、次に同じ外部から同じ物質が侵入してくると、今度は抗体と結合して、従来とは異なった反応を示すようになるのです。

免疫というのは、この反応が人間にプラス働く場合を指しています。
おたふくかぜやはしかに一度かかると、二度とかかることはありません。
しかし、シチュエーションによっては、逆に人体には好ましくない症状を引き起こすることもあります。
これがアレルギーで、花粉症はまさにその典型例なのです。

現代では、花粉症治療薬として、アレグラが開発されており、多大の実績を上げています。
旧世代の抗ヒスタミン薬と違い、服用による眠気やだるさの現象は出てきません。
また、副作用と言えるほどの症状はほとんどなく、安心して飲める医薬品です。
アレグラが開発されたことによって、多くの花粉症患者が救済されています。

関連記事
人気記事一覧