アレグラと薬事法

花粉症の治療薬として、アレグラがあります。
従来の抗ヒスタミン剤は副作用として眠気や脱力感が伴っていたのですが、アレグラには、そういった副作用がありません。
そんな利点があって、大変に評価が高いのです。

アレグラが効くのは、鼻のアレルギー症状に対して抗ヒスタミンの働きをするからなのです。
花粉やハウスダストなどといった異物のアレルゲンが侵入してくると、そのアレルゲンに反応する抗体が人間の体内で作られます。
そして、また、同じアレルゲンが侵入してきたときに、アレルゲンと抗体が合体して、肥満細胞と呼ばれている細胞から生理活性物質が放出されてくるのです。
これが、ヒスタミンと言われているものです。

放出されたヒスタミンが鼻の粘膜などのH1受容体と言われている特定部位に結びつきます。
すると、それを異物として認識し、その異物が侵入することを防御したり、やってきた異物を身体の外に放出しようとして、鼻水やくしゃみなどの症状が出てくるのです。
抗ヒスタミン薬であるアレグラを服用すると、ヒスタミンがH1受容体に結び付くのを阻害することによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応を緩やかにするのです。

なお、アレグラは病院で処方してもらえる薬ですが、アレグラは通販でも購入可となっています。
病院処方や通販で購入できるアレグラの他には市販されている一般用医薬品として、アレグラFXがあります。
アレグラ錠は、花粉症の緩和以外にも、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎などの疾患に適用されますが、FXは花粉症の緩和のみが適用疾患とされている点が、異なっています。
このアレグラFXは、薬事法で要指導医薬品に指定されており、原則として、薬剤師による対面販売が義務付けられています。
そして、ネット販売は禁止されています。
ただし、非常にメジャーな薬ですので、薬剤師がいるドラッグストアであれば、ほとんどどこでも在庫品が置かれています。

関連記事